クルマ(シトロエン・エグザンティア・ブレーク / Citroen Xantia Break'96)整備記録等


by r.peterson
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

[XANTIA] 警告灯とレベルゲージ

今更ですが、LHM(シトロエンのハイドロサスで使用されているオイル)が減ると表示される警告灯を撮影しました。

e0037555_236883.jpgぼんやりSTOPと表示されているのが分かりますでしょうか?こいつはインパネのスピードメータの横にあります。エンジン始動時には、LHMの油圧が正常になるまでは暫く点灯しています。走り出そうとするその時になって、「STOP」と表示するのは、ドライバーに対する警告か?「行かないで!行ったら私壊れるわよ」
それともそんなに駐車場が好きなのか「行きたくない!私ここでシャコタン続けたいの」
いや、きっと人生に疲れたのさ・・・「もう限界。そろそろ終わりにしよう」

これが普通に走っているとき点灯するようになってしまいました。


e0037555_23143975.jpgで、エンジンルーム内にあるLHMのタンクの上蓋に付いている、レベルゲージがこれです。赤丸で囲んだところがレベルゲージですが、透明の蓋の中心くらいに、赤線2本が引いてあり、この線の間に収まっていれば正常量です。私のは今回のトラブルでタンクの中に埋まってしまってます。かすかにオレンジ色のゲージが見えますでしょうか?単純にフロートで上下するだけですので、量が減れば自然とゲージが下がるようになってます。この状態になるとゲージについている端子とタンク側に付いている端子が接触して、警告灯を点灯させる仕組みです。
つまりはクルマが「LHMくれ~」言ってる状態ですね。
[PR]
by r.peterson | 2005-10-25 22:47 | CITROEN[trouble]