クルマ(シトロエン・エグザンティア・ブレーク / Citroen Xantia Break'96)整備記録等


by r.peterson
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

[XANTIA] アーシングしてみました

エグザンティアにアーシングをしてみました。
念のため解説しますと、アーシングとはアース線の増設のことを言います。
自動車においてはボディがアースになっている為、各電装品のマイナス側は、ボディに接続されていますが、そのボディが電気的に抵抗となる為、電装品とバッテリーのマイナス端子を直接ケーブルで接続することで、電気的な抵抗を低減し、電装品の効率を上げる、というチューニングだったと思います。(間違えていたらごめんなさい。。。)
手間をかければ安く出来るモディファイ、ということでとりあえずチャレンジしてみようと思い立った次第です。
アフターパーツで販売していたりしますが、結構な値段がするのでどうなんでしょう?
たかだかアース線で、2万も3万も出すのはもったいない(^^;と思い、部材は全てホームセンターで仕入れました。
参考にしたのはこちらです。参考というよりほとんどこちらの手順どおりに実施しました。(^^;
大変参考になりました、ありがとうございます。


e0037555_144453.jpgこれが茨城が誇るマンモスホームセンター・ジョイフル本田(^^で購入した部材&工具です。この他には、ドライバーとニッパー、ラジオペンチ、カッター等、基本的な工具があれば作業出来ます。
内訳は
アース線(8sq)5m
端子10個
バッテリーターミナル取り付け金具1個
熱収縮チューブ
圧着工具
です。
圧着工具含め大体総額9千円位です。(圧着工具が4千円位でしたので部材は5千円位です)

e0037555_1255512.jpg
全体図です。

①オルタネータ ~ バッテリ(-)
① ~ ②スロットルボディ
③エンジンヘッド ~ バッテリ(-)
④トランスミッション ~ バッテリ(-)
といった具合に接続しました。

e0037555_133444.jpgこちらはバッテリのマイナス端子です。各部からのアース線をボルトで留めてあります。


これまで、車の整備なんてタイヤ交換・ワイパー交換・バルブ交換など簡単なことしかやったこと無かったので、結構ビクビクしながら作業してた関係で、2時間以上かかってしまいました(^^;
その成果は、、、アクセル操作に対するレスポンスが良くなったような気がする、、、ヘッドライトが明るくなったような気がする、、、アイドリングが静かになったような気がする、、、オーディオの音質が向上した気がする、、、う~ん。
人間の感覚なんていい加減ですから、ね。
もしかしたら気のせいかもしれません。
ともかく体感できる、劇的な変化はあまりありません。
まぁ、予想通りですが。。。
でも楽しかったし、各部品がどこにどのように固定されているか等、勉強になったので良しとしましょう!
とりあえず成果は今後の燃費を見守るとしますか。。。
[PR]
by r.peterson | 2005-08-26 21:00 | CITROEN[Modify]