クルマ(シトロエン・エグザンティア・ブレーク / Citroen Xantia Break'96)整備記録等


by r.peterson
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

松江城

先週一週間かけて島根県は松江に出張に行っておりました。
場所は松江市内の中心部付近であったため、毎日のように松江城を見上げておりました。
e0037555_20495082.jpg私、旅行先で城があれば必ず立ち寄るようにしております。
今回も時間があれば天守閣内に入ってみようと考えておりましたが、結局ご覧のように遠巻きに写真撮影するのが精一杯でした。
無念・・・

後に調べてみたところ、松江城は建設当時のまま残る数少ない、天守閣を持つ城の一つであったようです。
ますます無念です。
かつて私が見た中で当時のまま残る天守閣であったのは松本城だけです。
熊本城も名古屋城も天守閣は鉄筋コンクリートでしたし、上田城は天守閣がありません。

現在、当時のまま天守閣が残るのは全国でも12城しかありません。
江戸時代には170余もあった天守閣、戦火や天災、廃藩置県の際の取り壊し等でだいぶ減ってしまったようです。
惜しいことをしたもんです。

天守閣が城のすべてだとは言いませんが、やはり天守閣のある城というのは絵になりますし、見所も多いわけです。
美しさの中にも戦闘時の要塞としての機能性・実用性を備えている、「城」というのは寺院とは違った魅力があるように思います。
当時のまま天守閣が残っているところであれば、柱の傷み具合や廊下のきしみ音が年月を感じさせると共に、当時の「お侍さん」もこの廊下を歩いてこの部屋で戦闘に備えて待機していたのか、など思いを馳せると尚楽しい訳です。

次こそ松江に行った際は天守に上るぞ!と決意したのでありました。
(そうそう行くことは無いでしょうが・・・)
そしていつかは姫路、ですな。
[PR]
by r.peterson | 2008-04-26 20:36 | コラム