クルマ(シトロエン・エグザンティア・ブレーク / Citroen Xantia Break'96)整備記録等


by r.peterson
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

生活環境改善プロジェクト 始動

雑誌、DVD、ビデオテープ・・・
気づけば部屋中に物が溢れている。
居住空間がどんどん狭くなってきている。
いや、気づいてはいたけれど根本的な改善を先延ばしにしてたから。

仰々しいタイトル付けましたが何のことはありません、自分の部屋の片付けしただけです。

急にやる気が出たのはこんなサイトを見つけたから。

汚部屋解放戦線・異常有り!

勉強をしている時って何故か身の回りの整頓をしたくなることってありませんか?
先月、資格試験の勉強中に机の周りやテーブルの上を片付け始め、4月中には部屋のものを減らしていこうと考えていたのですが・・・
結局途中で止まってたんですね。
再開するキッカケがあってよかったよかった。

ネットしてて偶然見つけたのですが、このスレッドは結構核心を突いていて面白いです。
2ちゃんねるのHow to関連の話題は下手な本買うより参考になりますね。
真偽のほどはともかくとして。
分かっていることばかりではあるけれど、「そうそう」とか「ドキッ」と思えた項目は、

1.捨てろ。話しはそれからだ。
2.玄関で使わないものは玄関に置かないこと。玄関は家の導入部、物置ではない。
3.中身のわからないダンボール箱は、1年以上空けていなければそのまま捨てろ。
4.本の整理中は必要以上に中を見てはいけない。読みふけって数時間が消える。
5.ちょっとしたことだけど洗濯済みの物がカオスになるのを避けられるよ。汚部屋の人にありがちなんだけどせっかく洗濯したのに乾いた衣類を
どっさり山盛りにしてしまってすっかり気力がなえてしまうんだ。
6.可視床率が90%以上を越えてからでなければ、納戸や収納、押入れに手を出してはならない。


玄関にチャリンコ、スキー板、洗車道具、車の部品・・・
耳が痛い。
中身の分からないダンボール・・・そういえば引越ししてから空けてないダンボールがあるなぁ。。。
本・・・雑誌が溢れているけど、なかなか捨てられない。なぜなら捨てるときに読みふけっていたから。

という訳で、とりあえず洗濯物を畳み、去年までの領収書を破って捨て、要らない雑誌を束ねゴミとしてまとめて見たら・・・
おぉ!
少し部屋が広くなったような気がする。
でもまだ狭いなぁ・・・
結構時間掛けてやったのに・・・
領収書って溜めると処分が大変です。
シュレッダーないし。

そもそも根が捨てられない病だから中々片付かないですね。
衣類と書物は捨てるのにそれなりの踏ん切りが必要なんですよね~
未だ処分に困っているものも残ってるし・・・初代PS、古いパソコン、古い携帯オーディオ等々。
どうしよう・・・

部屋を漁っててビックリしたのが膨大な量の紙袋です。
「いつか使える」と全部とっておいたら膨大な量になってました・・・
処分してスッキリ。
「いつか使える」はすぐ使うもの以外不要だと改めて感じました、はい。

さて次は学生時代にWOWOWで撮りためた膨大な量の映画のビデオテープ処分だ~!
(いつになるやら・・・)
[PR]
by r.peterson | 2008-05-12 02:24 | コラム