クルマ(シトロエン・エグザンティア・ブレーク / Citroen Xantia Break'96)整備記録等


by r.peterson
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:CITROEN[impression]( 3 )

[XANTIA]ぞろ目

e0037555_07289.jpg記念に撮ってみました。
12月16日に撮影。
総走行距離77,777km達成です。
まぁ、自分で乗ったのは2万2千キロくらいですが・・・
[PR]
by r.peterson | 2007-01-08 00:09 | CITROEN[impression]
まぁ、色々考えてはみたのですが、やはりフランス車好きとしては、一度シトロエンに乗っておいた方が良いだろう、ということでxantiaに決めたわけです。
予算的に、選択肢がそれ程あったわけではありませんが。。。

本当は、シトロエンであればDSだとかSMといった、いわゆるレアな名車(?)が欲しいなぁと、思うところなのですが、そんな甲斐性もなく、整備の知識もないし、ガレージもないしで、いつかは・・・という夢ですね。
せめてBXとかだとシトロエンらしい、奇抜なデザインで良いなぁと、そもそもはxantiaに対しては、それ程魅力的には感じてませんでした。
今見ても、xantiaはシトロエンにしては保守的で、あんまり特徴のあるデザインではないとは思います。。。
でも、ディーラで実物を見たときから感じたのですが、特徴が薄いながらも、独自のセンスを感じられて、素敵なデザイン、だと思います。
このところのクルマと違って、直線基調のシャープなラインも好きなポイントです。
また、写真で見るより実物はメタリックの塗装の色がきれいな色なのもポイント高いです。

何より、シトロエンにしては、信頼性が高いらしいですしね。(この辺はまだ半年も乗ってないので分かりません)

とりあえず、半年弱、乗ってみての印象は、、、
【ボディサイズ】
試乗の時はそれ程感じなかったのですが、自宅の駐車場に止めたとき、「でかいなぁ・・・」と感じました。フロントのウィンドウ面積が大きく、見切りがいいので、乗っているとあまり大きさを感じないのですが、やはり306から乗り換えると、大きいです(クラスが違うからあたりまえか・・・)
グラスエリアが広く、ボディも割と四角いので車両感覚がつかみやすいとは思います。

【インテリア】
前の306もそうでしたが、品質感はいまいちというか、はっきり言って安っぽいです。
つや消し黒プラスチック地獄状態です(^^
チリの合わせ方とかも結構適当だし。。。
ここを見ていると、新車時300万円以上する車とは思えないです(^^;
でも、下手に背伸びして、素材が高級でもないのに「高級感」を演出しているよりか、「こんなもんでしょう」的な、割り切りがあって私は好きだったりします。
インテリアに関しては国産車のほうが出来が良いので、その辺の品質が気になる人にはフランスの車は合わないでしょうね。。。

【トランスミッション】
あと、よく言われるZFのオートマに関してですが、言われているほど、違和感は感じませんでした。マニュアルにずっと乗っていた身としては、国産車の一般的なATのごとく、空走する時間がなく、エンジンブレーキがちゃんと効くところが好感度大です。
ただし、変速のタイミングが日本の交通事情に合っていないのか、ややエンジン回転数高めの状態で走らされる局面が多いように思います。
おかげで市街地での燃費はイマイチ(7~8km/l)です。。。
高速の燃費は優秀(10~12km/l)なんですがね。
いずれマニュアルに載せ換えたいなぁと思っているところです。

【ブレーキ】
エグザンティア(ハイドロシトロエン)の特徴のひとつだと思います。
スイッチみたいな感触で、踏み始めの遊びがあまりなく、ストロークも短いです。
踏み込む深さではなく強さに比例して制動力を発生する感じです。
慣れるまではカックンブレーキになりがちでしたが、逆に慣れてしまえば、それ程踏み込まなくても充分な制動力を発揮するのでコントロールし易いです。

【乗り心地】
乗り心地は、想像していたよりは硬いなぁって感じです。
(ちなみに管理人のxantiaはハイドラクティブⅡです)
低速でごつごつした道を走ると、ドコドコと体に感じます。
乗る前の想像では、どんな道でもス~っと舐めるように走るのかと思ってました(^^;
でも、ドコドコ感じはするのですが、ガツンと直接的な衝撃はまず侵入してこないです。
このクルマの真骨頂は、高速での大きなうねりをいなす際にあるかと思います。これが実に気持ちよく「ゆらり」といなしてくれます。
また、ハイドロの持ち味として、乗り心地だけでなく、ロールや、揺り返しもほとんどない為、結構な速度でコーナリングできたりします。
シートの出来も、一般的な国産車よりも上質だと思います。すわり心地が良いです。昔のフランス車はもっと良いみたいですが。。。

総合的には、高速での乗り心地が良く、直進安定性に優れている為、長距離移動が苦にならないクルマだと思います。


だいたい思うところとしてはこんな感じでしょうか。
全体的には気に入ってます。目下、不満な点は、ライトが暗いことと、マニュアルで無いことですね。
[PR]
by r.peterson | 2005-08-03 22:35 | CITROEN[impression]
Xantiaを購入する前はPeugeot306S16('95)を所有しておりました。
スタイルもお気に入りだし、マニュアルだし、サイズも手ごろな割には室内広いし、荷物いっぱい載るしで、運転楽しいしで、結構お気に入りでしたが、やむを得ず手放すことになってしまいました。
かなり愛着があったため、未練も残ってましたが、次を考えなければならなかった為、頭を切り替えて、候補を探そうと思ったときに、頭に浮かんだのが、、、

Mazda RX-8 スタイルも好みだし、ロータリーに乗ってみたかった。行きつけのディーラがマツダであった為、話もしやすそうだと思った(^^
ルノー アバンタイム
 形が未来の宇宙船みたいで、カッコイイ?!でも中古でも高いなぁ~
ルノー メガーヌⅡ
 モデルチェンジで魅力的なフォルムになりました。マニュアルでのラインナップがそろいつつあったし。最近はシトロエンよりルノーの形が未来的で素敵だ!って思った。それにクルマはマニュアルが面白いです。RSが良いなぁ・・・高いけど。
Alfa Romeo 145
 サイズも手ごろで荷物もそこそこ載りそう。イタリアの車も乗ってみたいかな~?スタイリングも近年のアルファの特徴が満載。
Alfa Romeo 155
 昔DTMで活躍していたあの印象から、一度乗ってみたい。今時少なくなった直線基調のフォルムがかっこいい。なんと言ってもアルファロメオだし。

と、いった感じです。しかしどれも自分の中で「いいんだけど・・・でもねぇ」という決め手に欠ける状態ではありました。そんな時、プジョー所有時から気になっていたxantiaが浮かんだのです。
「ハイドロに一回乗ってみたい・・・」
そう思って考え出すと、気になってきたので、即座にカーセンサーで検索してみました。
すると思っていたよりもヒットしない!(^^;
これは今、手に入れないと、もう乗れなくなってしまうな~と思い、気持ちはxantiaに大きく傾きました。
でも、ATしか日本仕様はありません。
「ATって運転がつまらなくて、クルマに乗らなくなってしまうんじゃないか?」そんな不安がよぎりましたが、それ以上に「ハイドロ」という未知の技術を体験してみたいという欲望が湧いていました。

そうなればとりあえず乗ってみないことには判断できないと、早速販売店(シトロエン宮前さん)へ電話・当日試乗という運びになりました。(^^
販売店のご担当者の方もXantiaに乗られているということで、結構xantiaに詳しく、印象がよい方でした。
試乗してみましたが、やはり自分のクルマではないので、あまり無茶はできません。
遠慮しながらの運転で、あまりよくは分かりませんでしたが、ほんの少しのドライビングだけでも、ゆらりゆらりというハイドロ特有の動きや、ステアリングのしっかり感等は感じられて、まるで、別の乗り物に乗っているかのような感覚で、感動してしまいました。(アホですね・・・)
また、以前プジョーを購入した際の、ご担当者をご存知だという偶然もあり(どちらもマツダ系)、そこでも話が盛り上がり、自分としてもこの人なら安心かなと、思いかけてほぼ、決めかけていたのですが、中古車とはいえ大きな買い物ですので、ちょっと頭を冷やそう!と思い、その日は保留して帰りました。

  ~ つづく ~
[PR]
by r.peterson | 2005-07-30 03:19 | CITROEN[impression]