クルマ(シトロエン・エグザンティア・ブレーク / Citroen Xantia Break'96)整備記録等


by r.peterson
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2006年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

いや~、今年も偉大なる草レース、ルマン24時間レースの季節がやって参りました。
では、テレビ朝日を見てみますか・・・って、おい!
放送してな~い!(TT
ま~じっすか?
今年のルマンは面白そうだったのに~
だって、セバスチャン・ローブが今年も出るんだよ~
アウディもレーシングカーとしては前代未聞のディーゼルエンジンでの出場だし~
テレビ朝日でのテレビ放送は2002年をもって終了していたようです・・・
ここ数年見逃していたので知らなかったわい(放送終了していることすら知らなかった・・・)
チーム郷の優勝とかあったのに取り扱い小さくないかい・・・
個人的にはワールドカップなんかよりもルマンを放送して欲しいっす!!

Excite エキサイト : 中野らが表彰台を目指す ルマン24時間耐久レース

という訳で?、エグザンティアのスモール(左)が切れてしまったので、交換しました。
ついでと言っては何ですが、ロービームを黄色のHID入れている関係で、ハイビームも黄色いバルブを入れないと車検通らないらしいので、ハイビーム用のバルブも交換する事にしました。

e0037555_3205169.jpgこちらが購入したハロゲンバルブです。
ロービームと同様、H1です。
日星工業製で、例によってスーパーオートバックス三鷹店で購入。
ハロゲンバルブって安いもんだと思ってたら、意外と高かった(約¥4700-)ので、お財布大ダメージです。
あと、黄色のH1のハロゲンバルブってあまり売っていないことが分かりました。
3件ほどハシゴしてようやくgetです。


e0037555_3324636.jpgで、HIDをつけている関係で、バルブ交換はライトユニットを外して作業する必要があった為、各部を取り外します。
ライトユニットの取り付けボルトはグリルの裏側にあるので、グリルから外す必要があります。
ライトユニットは10mmのボルトで三箇所(赤色のマーキング個所)留められてます。
グリルは青色でマーキングしてある個所をトルクス(T20)で留められてます。
ウィンカーの裏側にも取り付けポイントがある為、ウィンカーも外します。
って、結構面倒・・・


e0037555_3433884.jpgこちらがウィンカー裏側のトルクスビス。
エグザンティアは結構トルクスビス多用しているので、トルクスは必須工具ですね。
グリル内のビスはすぐ外れるので、問題ないのですが、グリルの上部がプラスチックのリベットで固定されていて、これが固い!
マイナスドライバーでこじってある程度出てくるのですが、そこから先がなかなか外れません。
プライヤー2つで両脇からつかみ、思いっきり引っ張ってようやく取れました。
時には思い切りよくやらないと先に進まないっス。
幸いにして破損はなし(^^
ちなみにここから先は写真無しです。
雨が降ってきてしまったため、結構あたふたやってたのと、暗くなってしまい、写真どころではなかったのと両方あったから。
で、ライトユニットを外そうと思ったら・・・
下側のボルトにアクセスするのにソケットが入らない・・・
やむなく、ヘッドライトレンズを先に外しました。
レンズはクリップで上3箇所、左右それぞれ1箇所、下2箇所で留められてます。
下2箇所のクリップを外してしまって、再度装着できるかどうか微妙でしたが、何とかなりました。
でも作業スペースは極小です。
クリップ何度も落としそうになりました・・・
何とか左側のスモールとハイビーム交換をし、折角ヘッドライトレンズを外したので、レンズの内側を清掃しておきました。
窓フクピカを使いましたが、結構汚れていてびっくり。
この窓フクピカ、最近の愛用品です。
気づいたときにサッと使えるお手軽ツールですが、車内の窓を清掃するには拭きムラとか残りづらく、使い勝手が良いです。
ちょっと話がそれましたが、このレンズ内側の清掃の際、外周に付いていたゴムが一部外れてしまった為、コーキングで再度着けておきました。
で、綺麗になったなぁ~と堪能する間もなく、雨が本格的に降り出したため、ここまでで作業中断。
左側のハイビームは後日となってしまいました。
せっかくグリル外したのに・・・
なんだかいつぞやのタイヤ交換が思い出される中途半端さです(TT
[PR]
by r.peterson | 2006-06-18 03:58 | CITROEN[Maintenance]

[F1]第8戦イギリスGP

かつて私がF1を見始めた頃(91年頃)、第8戦ともなれば、シーズン折り返し点だったんですが・・・
(年間16戦だったからね)
まだまだ中盤戦突入といった感じですかね。
だいたい、シルバーストーンがモントリオール(カナダ)の前にやっていることに違和感を感じたりします。
今回のイギリスグランプリもモナコに引き続き、フェルナンド君の勝利で、いよいよ連続チャンピオンへの土台固めに入ったかな?といったところでしょうか?

Excite エキサイト : アロンソが3連勝 F1英国GP決勝
Nifty F1 : アロンソ、完璧なレース運びでポールTOウィン

ミハエルも健闘したが序盤ライコネンに抑えられていたのが効いて2位止まり。
ルノーは信頼性が高いからなかなかポイント差が縮まらなくてヤキモキしていることでしょう。
ここまでの流れをみるとやはりルノーの2年連続チャンピオンが堅いかなぁ~って思いますねぇ~

チョット気になったのがフィジコの切れのなさ。
終盤3位表彰台を賭けてライコネンを追いまわしていたフィジコですが、1秒差位で表彰台を逃してしまいました。
終盤コンマ5秒位ずつ、ライコネンとの差を縮めていたフィジコだけに車の状態はキミより良かったはず。
ライコネンの方はタイヤが限界だったのか、アンダーステア傾向に見えました。
1秒差まで縮めるのは早かったけど、そこから先が進展なくピットからの無線でも「プッシュ」言われてたんですが・・・
そのまま何も起きず、ゴール。
もっと仕掛けるような動きがあっても良かったんじゃなかろうかと思うわけです。
まぁ、シルバーストーンはあまり近づきすぎてもダウンフォースが抜けてしまって危ない場面があったりしますが。
でも、一回くらい際どい位の「勝負」が見たかった・・・
それにしても、97年とか98年頃の彼の「キレ」を見ていた彼の一ファンとしては、「ここ!!」という場面での「もう一歩」、「あと一歩」積極的に攻める姿勢というのが、ここ数年の彼に見られないのが寂しいところです。
次は得意のカナダ!
昨年もトラブル起きるまではトップ争いしていた訳だし。
久々の会心のレースを期待してまっせ!
[PR]
by r.peterson | 2006-06-12 02:47 | モータースポーツ

[XANTIA]オイル交換

最近蒸し暑くて、もう梅雨の時期なのかなぁと思わされる毎日ですね~
お陰で(?)どうにもやる気が起きませぬ・・・
と、更新が滞っているのを天気のせいにしてしまうのは、毎度のことでそろそろ食傷気味ですな。。。

という訳で、もう一ヶ月近く経ってしまいましたが、前回の交換から3000km近く走行しましたので、オイル交換を実施しました。
[2006年5月3日 67588km]

例によってスーパーオートバックス三鷹店で作業お願いしました。
入れたオイルはELFのreserve(レゼルブ)という銘柄です。
前回入れてそこそこ調子良かったので、継続して同じ銘柄選択してみました。
一応100%化学合成みたいだし。
同じフランスのルノー指定オイルメーカってことで相性も良いかなぁ~という期待も込めつつ。
なんかセールをやっていたのか、千円程値引かれておりました。
もうチョット走ろうと思っていたのですが、この値引きもあり飛びついてしまいました。
ついでにフラッシングしたいなぁ~と思ってたので、「エンジン内部洗浄」というメンテナンスメニューもやってもらいました。
ポンプ内臓の機械を使って強制的にフラッシングするようです。
最初、車種がマイナーなため(^^;治具がはまるかどうか分からないと脅されましたが、結果的には問題なかったようです。
フラッシングに伴い、エンジンオイルフィルターも交換です。
購入したのは店頭の在庫であったBOSCH製です。

交換後のフィーリングはエンジンがモーターの様に軽くフュンフュン回るように感じたけど・・・
オイル交換によるものか、それともフラッシングによるものか良く分かりません(^^;
まぁ、いずれにせよ気持ちよく回るようになったので良しとしましょう。

ELF reserve 4L  ¥4,980-
ELF reserve 1L  ¥1,470-
BOSCH OIL FILTER OF-PEU-1  ¥1,575-
エンジンフラッシング  ¥5,250-
[PR]
by r.peterson | 2006-06-05 02:34 | CITROEN[Maintenance]