クルマ(シトロエン・エグザンティア・ブレーク / Citroen Xantia Break'96)整備記録等


by r.peterson
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:電装系 ( 4 ) タグの人気記事

いや~、今年も偉大なる草レース、ルマン24時間レースの季節がやって参りました。
では、テレビ朝日を見てみますか・・・って、おい!
放送してな~い!(TT
ま~じっすか?
今年のルマンは面白そうだったのに~
だって、セバスチャン・ローブが今年も出るんだよ~
アウディもレーシングカーとしては前代未聞のディーゼルエンジンでの出場だし~
テレビ朝日でのテレビ放送は2002年をもって終了していたようです・・・
ここ数年見逃していたので知らなかったわい(放送終了していることすら知らなかった・・・)
チーム郷の優勝とかあったのに取り扱い小さくないかい・・・
個人的にはワールドカップなんかよりもルマンを放送して欲しいっす!!

Excite エキサイト : 中野らが表彰台を目指す ルマン24時間耐久レース

という訳で?、エグザンティアのスモール(左)が切れてしまったので、交換しました。
ついでと言っては何ですが、ロービームを黄色のHID入れている関係で、ハイビームも黄色いバルブを入れないと車検通らないらしいので、ハイビーム用のバルブも交換する事にしました。

e0037555_3205169.jpgこちらが購入したハロゲンバルブです。
ロービームと同様、H1です。
日星工業製で、例によってスーパーオートバックス三鷹店で購入。
ハロゲンバルブって安いもんだと思ってたら、意外と高かった(約¥4700-)ので、お財布大ダメージです。
あと、黄色のH1のハロゲンバルブってあまり売っていないことが分かりました。
3件ほどハシゴしてようやくgetです。


e0037555_3324636.jpgで、HIDをつけている関係で、バルブ交換はライトユニットを外して作業する必要があった為、各部を取り外します。
ライトユニットの取り付けボルトはグリルの裏側にあるので、グリルから外す必要があります。
ライトユニットは10mmのボルトで三箇所(赤色のマーキング個所)留められてます。
グリルは青色でマーキングしてある個所をトルクス(T20)で留められてます。
ウィンカーの裏側にも取り付けポイントがある為、ウィンカーも外します。
って、結構面倒・・・


e0037555_3433884.jpgこちらがウィンカー裏側のトルクスビス。
エグザンティアは結構トルクスビス多用しているので、トルクスは必須工具ですね。
グリル内のビスはすぐ外れるので、問題ないのですが、グリルの上部がプラスチックのリベットで固定されていて、これが固い!
マイナスドライバーでこじってある程度出てくるのですが、そこから先がなかなか外れません。
プライヤー2つで両脇からつかみ、思いっきり引っ張ってようやく取れました。
時には思い切りよくやらないと先に進まないっス。
幸いにして破損はなし(^^
ちなみにここから先は写真無しです。
雨が降ってきてしまったため、結構あたふたやってたのと、暗くなってしまい、写真どころではなかったのと両方あったから。
で、ライトユニットを外そうと思ったら・・・
下側のボルトにアクセスするのにソケットが入らない・・・
やむなく、ヘッドライトレンズを先に外しました。
レンズはクリップで上3箇所、左右それぞれ1箇所、下2箇所で留められてます。
下2箇所のクリップを外してしまって、再度装着できるかどうか微妙でしたが、何とかなりました。
でも作業スペースは極小です。
クリップ何度も落としそうになりました・・・
何とか左側のスモールとハイビーム交換をし、折角ヘッドライトレンズを外したので、レンズの内側を清掃しておきました。
窓フクピカを使いましたが、結構汚れていてびっくり。
この窓フクピカ、最近の愛用品です。
気づいたときにサッと使えるお手軽ツールですが、車内の窓を清掃するには拭きムラとか残りづらく、使い勝手が良いです。
ちょっと話がそれましたが、このレンズ内側の清掃の際、外周に付いていたゴムが一部外れてしまった為、コーキングで再度着けておきました。
で、綺麗になったなぁ~と堪能する間もなく、雨が本格的に降り出したため、ここまでで作業中断。
左側のハイビームは後日となってしまいました。
せっかくグリル外したのに・・・
なんだかいつぞやのタイヤ交換が思い出される中途半端さです(TT
[PR]
by r.peterson | 2006-06-18 03:58 | CITROEN[Maintenance]
どうも最近ウィンカーのリレーが操作もしてないのにカチカチ言うようになってしまいました。
だいたい、左折後にウィンカーを戻したときに起きます。
どうやらエグザンティアのトラブルの中では定番のもののようです。
ネット上でも多数報告があるようです。
定期点検時に対処方法を訊いたのですが、
ウィンカーレバーのAssy交換だそうです。
まぁ、ディーラーだから当然ですが。

部品代が軽く2万を超える!
とのことでしたので、今回は当然見送りです。
まだ、そんなに頻度はないので、いいのですが、
そのうち悪化してくることでしょう(T_T

Webで調べてみると、DIYで直した人は見当たらないので、やっぱりAssy交換かな~
分解して何とか直らないものでしょうかね~
接点が磨耗して起きるようですので、グリースとか塗れば対処できそうですけどね・・・
[PR]
by r.peterson | 2006-02-08 21:18 | CITROEN[trouble]

先日の定期点検の際指摘された、エグザンティアの右ポジションランプを交換しました。
作業スペースが狭い為、取り外しに難儀しましたが、周辺の部品を若干取り外して何とか交換できました。
使用したバルブはレイブリック製のハイパーバルブ(イエロー・12v5w・¥651)です。
もともとイエローのものが装着されてましたので、左右で合わせました。
ひとつだけ欲しかったのですが、2個セットでしたので片方は予備として取っておけば良いでしょう。
これでようやくウインクしている状態から復旧できました(^^;
[PR]
by r.peterson | 2005-09-04 20:10 | CITROEN[Maintenance]
エグザンティアにアーシングをしてみました。
念のため解説しますと、アーシングとはアース線の増設のことを言います。
自動車においてはボディがアースになっている為、各電装品のマイナス側は、ボディに接続されていますが、そのボディが電気的に抵抗となる為、電装品とバッテリーのマイナス端子を直接ケーブルで接続することで、電気的な抵抗を低減し、電装品の効率を上げる、というチューニングだったと思います。(間違えていたらごめんなさい。。。)
手間をかければ安く出来るモディファイ、ということでとりあえずチャレンジしてみようと思い立った次第です。
アフターパーツで販売していたりしますが、結構な値段がするのでどうなんでしょう?
たかだかアース線で、2万も3万も出すのはもったいない(^^;と思い、部材は全てホームセンターで仕入れました。
参考にしたのはこちらです。参考というよりほとんどこちらの手順どおりに実施しました。(^^;
大変参考になりました、ありがとうございます。


e0037555_144453.jpgこれが茨城が誇るマンモスホームセンター・ジョイフル本田(^^で購入した部材&工具です。この他には、ドライバーとニッパー、ラジオペンチ、カッター等、基本的な工具があれば作業出来ます。
内訳は
アース線(8sq)5m
端子10個
バッテリーターミナル取り付け金具1個
熱収縮チューブ
圧着工具
です。
圧着工具含め大体総額9千円位です。(圧着工具が4千円位でしたので部材は5千円位です)

e0037555_1255512.jpg
全体図です。

①オルタネータ ~ バッテリ(-)
① ~ ②スロットルボディ
③エンジンヘッド ~ バッテリ(-)
④トランスミッション ~ バッテリ(-)
といった具合に接続しました。

e0037555_133444.jpgこちらはバッテリのマイナス端子です。各部からのアース線をボルトで留めてあります。


これまで、車の整備なんてタイヤ交換・ワイパー交換・バルブ交換など簡単なことしかやったこと無かったので、結構ビクビクしながら作業してた関係で、2時間以上かかってしまいました(^^;
その成果は、、、アクセル操作に対するレスポンスが良くなったような気がする、、、ヘッドライトが明るくなったような気がする、、、アイドリングが静かになったような気がする、、、オーディオの音質が向上した気がする、、、う~ん。
人間の感覚なんていい加減ですから、ね。
もしかしたら気のせいかもしれません。
ともかく体感できる、劇的な変化はあまりありません。
まぁ、予想通りですが。。。
でも楽しかったし、各部品がどこにどのように固定されているか等、勉強になったので良しとしましょう!
とりあえず成果は今後の燃費を見守るとしますか。。。
[PR]
by r.peterson | 2005-08-26 21:00 | CITROEN[Modify]