クルマ(シトロエン・エグザンティア・ブレーク / Citroen Xantia Break'96)整備記録等


by r.peterson
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

またまた発売になります。
F-1総集編。
今度のリリースは1989年版1990年版
ちょうどマルボロカラーのマクラーレンが最強だった時代です。

1989年版発売日:2008年04月23日
1990年版発売日:2008年05月23日

私は小学生くらいだったかな?
日本グランプリだけ起きている時間だったので1987年からTV中継を見ていたと思います。
TV中継や周りはセナだプロストだと騒いでいたけれど、私は一台すごいカラーリングをしていたベネトンが大好きでした。
後で分かったことだけど、この当時のベネトンは空力で一歩も二歩も先を進んでたチームで、今見てもその他のチームのマシンが太って見えるくらい、シャープでトンガッタ形をしているのが印象的ですね。
派手なカラーリングばかりに目が行って分かりづらいところですが。

で、1989年と1990年というと、そのお気に入りのベネトンが日本グランプリで勝利しているんですね。
1990年に至っては日本人初の表彰台を鈴木亜久里さんが獲得していたりするわけです。
でも個人的には、ネルソン・ピケとロベルト・モレノの1位・2位表彰台で抱き合って泣いているシーンにじ~んときて翌年から全戦TV観戦始めたんですが。。。
このDVD、まさに待ち望んでたって感じですね、はい。

DVD自体はかつてVHSで発売していたものの、再販ものなので目新しさはないですが、(私見になりますが)F-1マシンがまだシンプルでチームごとの試行錯誤が見れる一番面白かった時代だと思うので、懐かしさに浸りつつ見たいところです。
[PR]
by r.peterson | 2008-04-14 21:55 | モータースポーツ

ぼくんち


最近、映画をよく見ています。
一時見なくなっていていたため、最新作には疎いですが・・・
もっぱらちょっと古い映画です。

今更ながら、「ぼくんち」を見ました。
2002年の作品なので本当に今更ですが・・・

ビッグコミックスピリッツで連載していた同名漫画の西原理恵子の原作です。
監督は坂本順治。
主演は観月ありさ。
坂本順治作品では常連の真木蔵人、岸部一徳も出演してます。

ビッグコミックスピリッツはずっと読んでいるので漫画が連載されていたころもかすかに覚えてます。
ただ、読み始めて少しして連載が終了してしまったため、内容は本当にうろ覚えです。

という訳で原作はほとんど覚えていない状態で見始めているわけです。
結果から言うと、私は面白かったし、良い作品だと思います。

とりあえず登場人物のキャラクターが濃ゆいです。
登場人物はだいたいみんな貧乏していて、生活は厳しそうなんだけど、それでも楽しく生きているっていうのが良く表現されていて、見ていて笑えるシーンあり、ちょっと泣けるシーンもありコメディとしてのツボは押さえているのではないでしょうか。

観月ありさ演じる「かの子」は母親は自由気ままに男作って家を出て行ってしまうは、弟二人を養うために風俗店に勤めなければならないはで、結構悲惨な環境であるにも関らず、悲壮感を感じさせるのではなく、一生懸命前向きに生きてる姿を良く演じています。
私は「一太」が「こーいちくん」にどつかれているのを、「かの子」が助けるシーンが印象に残りました。
あと「まずいラーメン」(笑

見終わるとちょっと元気をもらえる、そんな作品に仕上がっていると思います。
やはり映画はコメディが、そして邦画が面白い、と思った次第です。
[PR]
by r.peterson | 2008-04-13 04:59 | コラム
e0037555_314629.jpg「なんで今更?」って気はしないでもないですが、フジテレビから1987年のF-1のダイジェスト版DVDが発売されました。
かつて、ビデオ/LDで発売されていた再販モノですが、それでも嬉しいです。
1987年といえば、ピケ・プロスト・セナ・マンセルのスター四人がしのぎを削っていた近年のF-1の中では最も面白かったシーズンのひとつではなかろうかと思います。
でも良く考えると20年前の話なんですね~
どうりで歳をとる訳だ・・・
ターボのF-1は私の場合懐かしいを通り越して、知らなかった時代に近いのでどちらかというと新鮮であります。
このDVDを見て改めて感じたのは、この頃のF-1マシンはデカかったな~(全幅とリアタイヤ)ってことと、マニュアルミッションが当たり前だったんだよな~ってことです。
フジテレビの全戦中継開始、中嶋悟全戦参戦開始と初めてずくしだった、1987年。
熱いです。
どうやら1988年の総集編も出るようなので楽しみです。
このまま勢いに乗ってせめて1990年までは出して欲しい!
[PR]
by r.peterson | 2007-07-30 03:24 | モータースポーツ
さて皆さんはご存知でしょうか。

三宅裕司のワークパラダイス」を。

たしかこの番組は私がまだ学生の頃、日本テレビ系で放送していた深夜番組です。

あの頃の深夜番組は時間を持て余して良く見ていたせいか、今でも印象に残っていて、この「三宅裕司のワークパラダイス」もそうですが、「よいこっち」や「ナイナイナ」は今放送しているバラエティよりも面白いのではなかろうか?
と思ってたりします。

e0037555_1951955.jpgという訳で今更ながらなぜかDVDがリリースされました。

「なんでこのタイミングで?」
というのが第一印象でしたがとりあえず買ってみました。

4枚組BOXで1万5千円超と結構なお値段します。

まぁこういうのは勢いです。。。


ちなみにこの番組、当事の時代背景が不況による就職難の時代ということで、これから就職を控えた若者たちに向けて色々な職業を紹介していく、という形式の番組で毎回ゲストとして俳優・生瀬勝久が様々な職業の人物になりすまし登場するのが目玉でした。

この生瀬勝久演じる人々が怪しくて面白かったわけです。

ひさびさに見た感想は・・・

確かに当事ほどの新鮮さは感じないものの、本番中の三宅裕司の意地悪な質問に、困惑したり黙ってしまったりしているのが「本当にアドリブなんだ」というのを強調していて、リアルで面白いです。

でも無理やりでもなんとか乗り切ってしまうところに、生瀬勝久の役者魂が垣間見れて「この人すごいなぁ」と感心すること間違いなしです。


懐かしさもあるので、若干個人的にひいき目なところがありますが、オススメです。


という訳で、次はよいこっちのDVD化に期待です。←(絶対出ないと思う。。。)
[PR]
by r.peterson | 2007-02-18 19:25 | コラム
e0037555_01938.jpg15日間に渡るダカールラリーがゴールを迎えました。
パリダカはただのラリーではなくて冒険の要素もあるから、今時珍しいぐらい危険なイベントであり、逆にそれが魅力のひとつともなってます。

DAKAR:4輪最終通算成績 (1/21)

今年も三菱が優勝です。
WRCでの撤退があっただけにコレだけは落とせないイベントということで力の入りようが違いますね。
実に7年連続12回目の優勝ということで連勝記録更新中です。
やっぱ耐久レースはノウハウを持ったチームが強いですね。
かつてプジョーやシトロエンも一度勝だしたら連勝を続けてましたが、このダカールラリーは砂漠という特殊な環境もあって、「必勝」の何かを掴んだチームが強いようで、ここ数年三菱もそんな気配がありますね。
そしてペテランセルが2年ぶりの総合優勝ということで、2輪時代も含めると9勝目だそうです。
かつてのバタネンを思わせる強さがありますね~
フォルクスワーゲンも序盤戦はドゥビリエが快走していて、「もしや」と思わせたんですけどね。。。
バタネンもサインツも含め全員トラブルであえなく優勝戦線から脱落してしまったようです。
14本のステージの内、10本のSSでトップタイムを記録するなどスピードは見せたのですが、速さだけでは勝てないのがこのダカールラリーの難しさでしょう。

ただ、カミオンはカマズタトラも勝利を落として、MAN(ドイツ)が'05年の初参戦からわずか2年にして優勝。
カマズのチャギュインが今年も連覇かと思ってただけに意外な結果となりました。
日野レンジャーのチーム・スガワラは今年も完走/クラス優勝ということで、安定感は流石です。

というわけで、
e0037555_029939.jpge0037555_0292455.jpgこの2点購入してしまいました。
まだ届いてないけど。
やっぱりシトロエンの真っ赤なラリーレイド用プロトタイプはカッコいいっすね。
[PR]
by r.peterson | 2007-01-25 00:34 | モータースポーツ

[F1] F1グランプリ 2005 DVD


最近購入してはまっているDVDがあって、なかなか良品なので紹介しておきます。F1グランプリ 2005です。今シーズンはフェルナンド・アロンソのエマーソン・フィッティパルディ以来となる史上最年少チャンピオン、そしてルノーのコンストラクターとしては初のタイトルということで、ニュースずくめのF1でしたが、その一年を総括して確認できるこちらはかなり見ごたえがあります。テレビ中継ではあまり取り上げられていない、無線でのやり取りや、作戦に関する解説が豊富で、テレビで全戦観戦していても充分楽しめます。また、特にサブ音声で収録されている、川井一仁氏の解説はマニアックすぎて見ている間中「へぇ~」と感心しっぱなしです。
ルノーのスタートが良かったのは重量配分が後ろよりだからだとか、フィジコのピットでスタートできなかった原因だとか、普通に見ていると気づかない、知らないこと満載です。
イチオシです。
[PR]
by r.peterson | 2005-11-06 00:21 | モータースポーツ