クルマ(シトロエン・エグザンティア・ブレーク / Citroen Xantia Break'96)整備記録等


by r.peterson
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:FORMULA1 ( 9 ) タグの人気記事


またまた発売になります。
F-1総集編。
今度のリリースは1989年版1990年版
ちょうどマルボロカラーのマクラーレンが最強だった時代です。

1989年版発売日:2008年04月23日
1990年版発売日:2008年05月23日

私は小学生くらいだったかな?
日本グランプリだけ起きている時間だったので1987年からTV中継を見ていたと思います。
TV中継や周りはセナだプロストだと騒いでいたけれど、私は一台すごいカラーリングをしていたベネトンが大好きでした。
後で分かったことだけど、この当時のベネトンは空力で一歩も二歩も先を進んでたチームで、今見てもその他のチームのマシンが太って見えるくらい、シャープでトンガッタ形をしているのが印象的ですね。
派手なカラーリングばかりに目が行って分かりづらいところですが。

で、1989年と1990年というと、そのお気に入りのベネトンが日本グランプリで勝利しているんですね。
1990年に至っては日本人初の表彰台を鈴木亜久里さんが獲得していたりするわけです。
でも個人的には、ネルソン・ピケとロベルト・モレノの1位・2位表彰台で抱き合って泣いているシーンにじ~んときて翌年から全戦TV観戦始めたんですが。。。
このDVD、まさに待ち望んでたって感じですね、はい。

DVD自体はかつてVHSで発売していたものの、再販ものなので目新しさはないですが、(私見になりますが)F-1マシンがまだシンプルでチームごとの試行錯誤が見れる一番面白かった時代だと思うので、懐かしさに浸りつつ見たいところです。
[PR]
by r.peterson | 2008-04-14 21:55 | モータースポーツ
e0037555_314629.jpg「なんで今更?」って気はしないでもないですが、フジテレビから1987年のF-1のダイジェスト版DVDが発売されました。
かつて、ビデオ/LDで発売されていた再販モノですが、それでも嬉しいです。
1987年といえば、ピケ・プロスト・セナ・マンセルのスター四人がしのぎを削っていた近年のF-1の中では最も面白かったシーズンのひとつではなかろうかと思います。
でも良く考えると20年前の話なんですね~
どうりで歳をとる訳だ・・・
ターボのF-1は私の場合懐かしいを通り越して、知らなかった時代に近いのでどちらかというと新鮮であります。
このDVDを見て改めて感じたのは、この頃のF-1マシンはデカかったな~(全幅とリアタイヤ)ってことと、マニュアルミッションが当たり前だったんだよな~ってことです。
フジテレビの全戦中継開始、中嶋悟全戦参戦開始と初めてずくしだった、1987年。
熱いです。
どうやら1988年の総集編も出るようなので楽しみです。
このまま勢いに乗ってせめて1990年までは出して欲しい!
[PR]
by r.peterson | 2007-07-30 03:24 | モータースポーツ
さて注目のニューイの在籍するレッドブルの新車も正式に発表されました。

ニューイ氏、『RB3』マクラーレン似認める

レッドブル・ルノー『RB3』正式発表


e0037555_021273.jpgマクラーレンに似ているだの色々な指摘がありますが・・・
まぁ、最近のF1は基本的な形は似たり寄ったりだから・・・

とりあえず、ボテボテっとしいていた昨年までのデザインから大幅にモダンになったからそれで良いのではないでしょうかね。

e0037555_025728.jpgいや~それにしてもだいぶスリムになったもんです。
ニューイもミラーを外側に持ってきました。
これから流行るのかな?

ただ、正直な話私の第一印象は「レッドブルカラーのMP4/20」です。。。
開幕後、エアロに関してはどんどん変わっていくとは思いますが。

搭載エンジンがルノーに決定したのがだいぶ遅かったのが、新車の完成度にどう影響してくるのか心配なところですが、ニューイのコメントを見ると「最近のエンジンはどのメーカも大きさがそれほど変わらないから、どこのを積んだってたいした影響はない」というようなことを言っているので大丈夫なんでしょう。
[PR]
by r.peterson | 2007-01-31 00:22 | モータースポーツ
先日スクープされたルノーの'07年版新車R27が正式に発表されました。

ルノー、新型車『R27』を正式発表

e0037555_1182318.jpgえぇぇぇぇ~

なんでこうなるかなぁぁぁ~?

期待していたのに・・・

なんかイマイチだなぁ~

とってつけたように昨年までの水色部分を白とオレンジにしたように見える・・・

e0037555_1185835.jpg去年までがセンスの良いカラーリングだっただけにその落差がありすぎです。
フロントウィングとリアウィングの濃紺が全体のバランスを崩しているように思えてなりません。
白の面積が大きすぎるのも間抜けに見える一因かな?
もう少しオレンジの面積が大きい方がバランスが良いと思うんですが。
黄色とオレンジなんだから色の組み合わせ的には悪くないはずなのに・・・
INGの書体にも違和感が・・・

これ見てると表現は悪いですがF3のマシンみたいですね。
このカラーリングだとなんだか速そうには見えないな。。。
デザイナーが変わったのかな?
'96年のジョーダンみたくシーズン途中に変わってくれることを祈ります(^^
[PR]
by r.peterson | 2007-01-26 01:22 | モータースポーツ

Formula1 新車発表

F-1観戦で一番楽しい時期がやってまいりました。
シーズンオフです。
この時期は各チーム新車発表が相次ぎ続々と2007年のニューマシンが見れる頃ですね。
なぜ一番楽しいのかと言えば新車を見て今年はどのような展開になるかと勝手に想像できるから・・・ってのは言うまでもないですね。

ルノー新型車『R27』の写真がネットに流出

さてTOYOTAの新車発表を皮切りに続々と各チームの2007年用マシンが明らかになってきました。
引用した記事はルノーの新車R27でルノーの公式発表はまだされていないにも関わらず、ネット上に写真が流出しているようです。
他チームへの牽制であえて流しているのかもしれませんが、メカニックが撮影したものが流出したということになっているようです。
今シーズンから煙草広告の締め出しが始まったことを受け、ルノーのスポンサー活動から撤退したJTのライトブルーのが無くなり、濃紺基調の一部黄色のカラーリングが新鮮です。
まぁ、今シーズンのルノーのタイトル・スポンサーに就いたオランダの『ING』のコーポレートカラーがオレンジらしいので、暫定的なカラーリングだとは思いますが・・・
カラーリングに変更があると新鮮で良いですよね。
昨年は青基調のマシンばかりだっただけに華やかに変わることでしょう。
「おっ!」って思ったのはミラーの部分とサイドポッド開口部したの絞込みのキツさとリア周りの絞込み。
でもミラーの位置は昨年のフェラーリの処理をパクって上手く処理したようにも見えますね。
いずれにせよ昨年よりさらにシェイプアップしてきたようです。
ウィング類はここ数年の流れでいくと、開幕まで見せないだろうから開幕するとまた印象が変わって登場してくるのでしょう。

トヨタの画像はこちら
ルノーはこちら
ちなみにこちらはフェラーリ

今シーズンの戦力予測を色々なサイトで見るようになりましたが、あまりレッドブルに触れていないのはなぜでしょう?
あのニューウィーがイチから設計したマシンがいよいよ登場するのに注目度がイマイチなのが腑に落ちないところです。
しかもエンジンはチャンピオンエンジンのルノーですよ!
私の楽観的な予想では上手くしたら一勝くらいするんじゃなかろうかと見ているのですが。。。
まぁ、まだ実車が出来上がっていないだけになんともいえませんが。
すんごいのがでてくることに期待です。
そろそろマーク・ウェバーも初勝利が欲しいところでしょうし。

個人的な希望としてはジャンカルロ・フィジケラにタイトルを獲って欲しいけど・・・正直なところ厳しいかなぁとは思います。
フェルナンド君との比較でみるとやっぱりここぞって時のミスが多いし、サーキットによって得意/不得意があるっぽいのが厳しいかなぁ~って感じですかね。
でも先日2004年のF1総集編を見直してみたら、2005年にはカナダGP以外ミスと言えるミスが無かったフェルナンド君も2004年は結構チョンボしていることが今になって分かりました。
やっぱり2005年になって化けたドライバーだったんだなって改めて感じたわけです。
そう考えると一回勝ち続けだすと自信とか取り組み方とか変わるだろうから、フィジコもどう化けるか分からないからね。
開幕数戦が勝負でしょうね。
[PR]
by r.peterson | 2007-01-15 21:52 | モータースポーツ

[F1]第8戦イギリスGP

かつて私がF1を見始めた頃(91年頃)、第8戦ともなれば、シーズン折り返し点だったんですが・・・
(年間16戦だったからね)
まだまだ中盤戦突入といった感じですかね。
だいたい、シルバーストーンがモントリオール(カナダ)の前にやっていることに違和感を感じたりします。
今回のイギリスグランプリもモナコに引き続き、フェルナンド君の勝利で、いよいよ連続チャンピオンへの土台固めに入ったかな?といったところでしょうか?

Excite エキサイト : アロンソが3連勝 F1英国GP決勝
Nifty F1 : アロンソ、完璧なレース運びでポールTOウィン

ミハエルも健闘したが序盤ライコネンに抑えられていたのが効いて2位止まり。
ルノーは信頼性が高いからなかなかポイント差が縮まらなくてヤキモキしていることでしょう。
ここまでの流れをみるとやはりルノーの2年連続チャンピオンが堅いかなぁ~って思いますねぇ~

チョット気になったのがフィジコの切れのなさ。
終盤3位表彰台を賭けてライコネンを追いまわしていたフィジコですが、1秒差位で表彰台を逃してしまいました。
終盤コンマ5秒位ずつ、ライコネンとの差を縮めていたフィジコだけに車の状態はキミより良かったはず。
ライコネンの方はタイヤが限界だったのか、アンダーステア傾向に見えました。
1秒差まで縮めるのは早かったけど、そこから先が進展なくピットからの無線でも「プッシュ」言われてたんですが・・・
そのまま何も起きず、ゴール。
もっと仕掛けるような動きがあっても良かったんじゃなかろうかと思うわけです。
まぁ、シルバーストーンはあまり近づきすぎてもダウンフォースが抜けてしまって危ない場面があったりしますが。
でも、一回くらい際どい位の「勝負」が見たかった・・・
それにしても、97年とか98年頃の彼の「キレ」を見ていた彼の一ファンとしては、「ここ!!」という場面での「もう一歩」、「あと一歩」積極的に攻める姿勢というのが、ここ数年の彼に見られないのが寂しいところです。
次は得意のカナダ!
昨年もトラブル起きるまではトップ争いしていた訳だし。
久々の会心のレースを期待してまっせ!
[PR]
by r.peterson | 2006-06-12 02:47 | モータースポーツ
折角、意を決して寒い中、大晦日にエグザンティアをピカピカに洗車したのにも拘らず、関東は雨が降ってしまったので、また雨垢が付着してしまうことでしょう。
あぁ・・・憂鬱。
という訳で、新年早々幸先悪いですが、話題を換えて、今回は誰も話題に上げない(?)ティアゴ・モンテイロに関して思ったことです。

ミッドランド、セカンドシートの確定は来年1月に

2005年シーズン新人にして、初表彰台、連続完走記録となかなか見るべき結果を残したにも拘らず、もっとすごい記録:史上最年少チャンピオンを打ち立てたフェルナンド・アロンソに世間の注目が向いてしまったがゆえに影に隠れてしまった感があります。
確かにUSA GPの表彰台はミシュラン勢の決勝棄権という不測の事態が味方をしたという点において、純粋に評価が難しいですが、第16戦のスパ・フランコルシャンでの8位入賞や、モナコGPの完走など、新人の中では評価すべき結果を残したドライバーであると思いますが、未だシートが確定していないようです。
という訳で、連続完走記録というものに改めて着目してみました。
2005年シーズンでモンテイロが記録した完走数は19戦中、18戦。実に94.7%!!
当然、2005年シーズンではトップです。このうち、開幕からの16戦が連続完走記録となっており、ブラジルGPでメカニカルトラブルでリタイヤするまで全戦完走していたわけですよ。その後も安定したレース運びで完走を続け、恐るべき完走率を残したわけです。あれだけ安定して完走していたような印象のあるアロンソでさえ、第8戦カナダGPで珍しくミスをしてウォールに激突してますからね。何年も走っていたベテランなら分かりますが、2005年デビューのルーキーですから。
ここで過去の開幕からの連続完走記録を振り返ってみると、

1位 17戦
M.シューマッハ 2002年

2位 16戦
J.アレジ 2001年
R.バリチェロ 2004年
T.モンテイロ 2005年

5位 11戦
M.アルボレート 1992年
R.シューマッハ 2003年
A.プロスト 1983年

という顔ぶれが揃います。なかなか錚々たる面々です。2002年の(フェラーリ)ミハエル・シューマッハはそのままチャンピオンも獲ってますので、いかに他チームを圧倒していたのかが窺い知れます。それはさておき、歴代の記録と並べても、立派に2位に入っているあたりが、このモンテイロの2005年の記録のすごさを物語っていると思います。同率2位の(プロスト)ジャン・アレジにしても、この2001年シーズンを最後に引退していますし、2004年の(フェラーリ)バリチェロにしてもこの記録を残した当時で出走170戦を越えて、いずれもベテランの領域に入っているドライバーであったわけで、血気盛んな新人としては稀な記録ではないかと思います。また、シーズンのほとんどをグリッド後方からのスタートであったにも拘らず、アクシデントをかわしつつ、レースを最後まで完走しているというのは、レースをフィニッシュまでまとめる、いわゆる「レースマネージメント」に長けていることの証ではないかと思います。逆に一発の速さは確かにある佐藤琢磨には、この辺をもっと見習ってほしいところですね。96年を最後に姿を消した、ペドロ・ラミー以来のポルトガル人ですし、今後の活躍が楽しみです。
[PR]
by r.peterson | 2006-01-02 19:14 | モータースポーツ

2006年に向けてのF-1・WRC

日本のお正月といえば、やはりお餅ですね。
我が家もご多分に漏れず、餅ばかり食ってます。
私はお雑煮よりもお汁粉が好きなので、この正月が終わってお腹が必要以上に膨れてはしまわないだろうかと若干不安だったりします。
そんな私の2006年のスタートなど誰も興味がないかと思いますが、F-1 にしてもWRCにしても世界選手権レベルのモータースポーツ界は大きな動きがあるようです。
F1の方はまず、日本人としては外せない、スーパーアグリの参戦。
当初から佐藤琢磨の来シーズンのシートは?という形で、11番目のチームの存在が取りざたされてましたが、いよいよ、実現に向けて準備は整ったようです。

F1=スーパーアグリ、全チームからの同意を得る

1回目のエントリーリストの締め切りに、「書類上の不備」から間に合わなかったがために、エントリーに際して、既存全チームからの承認が必要となってしまったことに端を発した今回の騒動ですが、テレビ放映分配金の問題(分配金を受けるのは上位10チーム)から全チームの承認を受けるのは難しいのではという噂もあったようです。しかし、マックスモズレーやバニーエクレストンらの働きかけの成果も合ったようで、なんとか全チームの承認を得ることができたようです。
それにしても疑問なのが、2002年のアロウズの設計図を使って、2006年規定に適合したマシンを製作するとのことですが、戦闘力はまぁ、現状のエフワンのレベルの高さを考えるとそう簡単にはいかない事は想像に難くありませんが、そもそも物理的に製作が間に合うのかということです。ホンダのV8を使用するようですが、案外2005年スペックのV10にリストリクター付けて走らせてもらった方が早い(速い)んじゃなかろうか、と思ったのは私だけでしょうか?
でも、夢のある話ではあるので是非、長期的な活動ができるよう、がんばってほしいものです。かつてのプロストみたく尻すぼみには終わらないでほしいですね。

一方、WRCの方はといえば、シトロエンは結局マニュファクチャラー1でエントリーしましたね。親会社の意向で不本意だったのでしょうが、あれだけ撤退撤退と騒いでいたのは何だったのでしょう?まぁ、一ファンとしては、早ければシーズン終盤にも、C4WRCが見れそうなので、歓迎すべきことですけどね。ローブもラリージャパンに来ること確定したわけだし。
その一方で三菱の撤退は衝撃的なニュースでした。

三菱自動車、FIA世界ラリー選手権(WRC)のワークス活動を休止

折角2005年シーズン、復帰後最も良い成果を残せて、今後の見通しが明るくなってきたのにもったいない、というのが個人的な印象ですが、どうやら経営難は傍から見ているより深刻だったようですね。現在、5連覇中のダカールラリーは継続するようですので、やはりお偉いさん方の目には、WRCでの戦果はまだまだ、不十分だと映っていたのでしょう。
それにしても可哀相なのがドライバーたちですね。特にガリはこれから三菱のエースとして成長が楽しみな一人であっただけに、なんとか他のチームから参戦に漕ぎ着けて欲しいもんです。
逆にシートがもう危ういと思われていたパニッツィは開幕戦のモンテに関しては、シュコダから参戦が決まったようです。私の一押し、ガルデマイスターもモンテはプライベータの走らせるプジョー307で参戦するようなので、ここでいいとこ見せて、来シーズンへ向けて、是非ワークス返り咲きを図って欲しいもんです。
三菱の撤退で、ワークスの数が減って今後の選手権がどうなるのか。現行のWRカー規定でのWRCもそろそろ終焉を迎えつつあるようです。そういった意味では、2006年は今後を占うターニングポイントになるのかも知れませんね。

と言ったわけで今シーズンのモータースポーツ、見所たくさんでなかなか熱いですね。
[PR]
by r.peterson | 2006-01-02 01:31 | モータースポーツ

[F1] F1グランプリ 2005 DVD


最近購入してはまっているDVDがあって、なかなか良品なので紹介しておきます。F1グランプリ 2005です。今シーズンはフェルナンド・アロンソのエマーソン・フィッティパルディ以来となる史上最年少チャンピオン、そしてルノーのコンストラクターとしては初のタイトルということで、ニュースずくめのF1でしたが、その一年を総括して確認できるこちらはかなり見ごたえがあります。テレビ中継ではあまり取り上げられていない、無線でのやり取りや、作戦に関する解説が豊富で、テレビで全戦観戦していても充分楽しめます。また、特にサブ音声で収録されている、川井一仁氏の解説はマニアックすぎて見ている間中「へぇ~」と感心しっぱなしです。
ルノーのスタートが良かったのは重量配分が後ろよりだからだとか、フィジコのピットでスタートできなかった原因だとか、普通に見ていると気づかない、知らないこと満載です。
イチオシです。
[PR]
by r.peterson | 2005-11-06 00:21 | モータースポーツ